カリフォルニアのソノマでワイン醸造に携わって早くも15年。「日本人醸造家の悪戦苦闘!」を綴ったワイン日記


by kissouch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2007年 11月 28日 ( 2 )

f0007498_8522660.jpg
f0007498_8524297.jpg


12月1日に
レベッカK ピノ・ノアール 2006 ソノマコースト

幻ピノ・ノアール 2006 ルッシアンリヴァー・ヴァレー
がリリースされます。

問い合わせは、
デプト・プラニング(日本)
www.maboroshiwine.com(USA)
まで。





にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
[PR]
by kissouch | 2007-11-28 08:52 | wine link

Chateau Margaux 1985

f0007498_1585052.jpg


私だけかもしれないが、アメリカのThanksgivingは”古き良き時代”の日本の正月のような気がする。離れている家族が一堂に集まり、おせち料理ならぬ、ターキーとクランベリーソースをメインにパンプキンパイなどお決まりの食事をして過ごす。

UCデイヴィスで勉強している私の娘、エイミーがThanksgiving前日に帰ってきた。今年から違うことは、エイミーが20歳になりワインを飲み始めたことだ。(カリフォルニアの法律では飲酒は21才からであるが、我が家に限って日本の法律を適用している)そのため3人で1本のワインでは足らない。2本開けるのならば何か趣向を、と考えて、パリ30周年テイスティングを記念してフレンチ対カリフォルニア にした。レベッカが地下から
Chateau Margaux 1985 
を持ってきたが、それに見合うヴィンテージのカリフォルニアワインが見つからない。最も古いので、
PahlMeyer Cab blend 1997。 
ヴィンテージに12年のひらきがあるので比べても仕方が無いが、試してみた。
マルゴーは日本から持参したワインでる。太平洋を越え、カリフォルニアで4度の引越しをしているので”DEAD”ではないか心配だった。コルクはまだまだよい状態だった。開けた瞬間、フランスワイン特有のブレット臭がした。4エソノフェノール、美しく表現すれば「農家の庭」だが、それほどいやみな香りではない。パレットではキノコやいろいろなスパイスのフレーバー、かすかではあるが果実味も少し感じられる。
「まだ、なかなかいけるなー。」
「このマルゴーはエイミーより年上だ。。。。」
とか言いながら、ポールマイヤー(どうして日本ではパルメヤーと呼ばれているのだろう??)を開けた。さすが97年。赤系統、黒系統のフルーツ爆弾。このポールマイヤーをテイストした後、マルゴーをもう一度。
残念ながら、すっかり影が霞んでしまった。
「なんだか水みたい。。。」と、エイミーが言う。

しかし、メインのディナーでは全員の感想が違う。
マルゴーとターキーのマリアージュは素晴らしい。
それに引き換え、ポールマイヤーはまったく合わない。

これが最近よく話題になる高アルコール問題だろうか。
97年ポールマイヤーは85年マルゴーよりアルコール度数が2%以上高い。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
[PR]
by kissouch | 2007-11-28 01:59 | tasting