人気ブログランキング |

カリフォルニアのソノマでワイン醸造に携わって早くも15年。「日本人醸造家の悪戦苦闘!」を綴ったワイン日記


by kissouch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

FREEZING COLD!!!

ジュヴレイ・シャンベルタンで働いていたのはもう18年前になる。
ちょうどこの時期、12月に剪定が始まる。
寒いのは承知していたので、畑で働くためのスキー服とスノーブーツを用意していた。






朝、マイナス10度の中、畑に行き剪定を始める。
一日中曇った天気で、太陽を見ることはほとんどなく、
そして、気温はプラスにはならない。
そのため畑の土は凍っている。
つまり氷の上で剪定作業をしているようだった。
剪定作業では手や体は動かすが足はほとんど動かさない。
だから一日中、氷の上に立っているようなものだ。
スノーブーツを履いていても、寒さのために足の指がだんだん感じなくなっていくのが分かる。
凍傷にでもなって足の指を切り落とすことにでもなったら大変だと思い、
葡萄の木5本ほど剪定したら1分ほど軽いジョッギングをし、また剪定に戻った。
兎に角寒く、一緒に働いていたフランス人たちは1時間おきぐらいに車に戻り、ブランデーを飲んでいた。
(私も沢山飲んだが何故か酔わない)
誰でも気が重くなるような天候であったが、救いは見事に樹氷したヴィンヤードの素晴らしい景色だ。

この風景だけは今でも鮮明に覚えている。

今週、ソノマ・ナパはとても冷え込み軒並み氷点下となった。
幻ヴィンヤードのイリゲーションパイプも破裂するほどの冷え込みだ。

今朝、サンタローザの某ヴィンヤードで下記のような樹氷を見た。
ブルゴーニュほどの美しさはないが、なんとなく懐かしい。
f0007498_9323814.jpg
f0007498_9325331.jpg
f0007498_9331083.jpg


車を止めて写真を取っていると、1台車が止まり、
「大丈夫か?何か手伝うことがあるか?」
と声をかけてきた。
私の車が故障して立ち往生してると思ったのだろう。
ソノマには親切なアメリカ人が多い。
続くにほんブログ村 酒ブログ ワインへ
by kissouch | 2009-12-10 08:16 | news in sonoma/napa