カリフォルニアのソノマでワイン醸造に携わって早くも15年。「日本人醸造家の悪戦苦闘!」を綴ったワイン日記


by kissouch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

時々、日本から、
「ワイナリーで働きたいけれど、どうすればよいか?」
というメールが来る。
2ヶ月位前には、
「今年のハーベストの手伝いをしますので、給料はいくらぐらいもらえますか?」
という、ちょっと逸脱したメールが来ていた。
(これには、呆れたというよりも、思わず笑ってしまった)

私は、カリフォルニアのワナリーで働き、ワインで身を立てたいなら、遠回りだけどUCDAVISに行くように進めている。

しかし、(英語が達者なら、)下記のような例もあるので紹介しておく。
私の知り合いの J  は中西部の田舎町の出身だ。
中西部の町を放浪した後、5年前にソノマに流れ着き、まずハーベストワーカーになった。
(5年前は景気がよかったので誰でも採用された)
彼は話し上手だったのでそのワイナリーの上司に気に入られ、そのまま正規のセラーワーカーになった。
その翌年には、マーケティングアシスタントとしてナパの某有名ワイナリーに移った。そこでは、ワインの流通を学び、一応「ワイン醸造とワイン流通」の基礎を身につけた。

「話し上手は身を助ける。」とは、私の創作だが、
アメリカでは話さないとまず認められない。

翌年、ソノマに返ってきて、持ち前の会話力で某有名なワイナリーのアシスタント・ワインメーカーになった。
大学での知識もなく、2年ワイナリーで働いただけでアシスタント・ワインメーカーとはかなりの出世だ。その1年後には、持ち前の会話力を発揮してインヴェスターを募り、自分自身のブランドを立ち上げた。
ワインの味はさておき、「雇われワインメーカー」ではなく、3年で「オーナー・ワインメーカー」になってしまった。



先週、もっと凄いのに逢った。
去年、25歳の女性、K はハーベスト期間中のインターンだった。
世界中を放浪して、そろそろ落ち着こうか、とワイナリーのインターンとして働き出した。
もちろん彼女のワインの知識というのは、赤ワインと白ワインの区別ができる程度だった。
それゆえ、ハーベストの間2ヶ月ほど、私がワイン醸造の基礎知識を教えた。
去年のハーベストが終わると、出身地のセントラルコーストに帰り、連絡が途絶えていたが、
先週、彼女がソノマに遊びに来た。
今年の夏からセントラルコーストの某ワイナリーで、やはりハーベストワーカーとして働き出した。

ある日、発酵中のマストから異臭がした。
ワインメーカーが心配しているとき、
「H2SみたいなのでDAPを入れれば?」と忠告したらしい。
それ以来、ワインメーカーに気に入られ、コンサルタントワインメーカーになってしまった。
2つのワイナリーの相談に乗っているという。

(メッキが剥げなければよいが。。。。)


アメリカは何が起こるかわからない可能性を秘めている。


続くにほんブログ村 酒ブログ ワインへ
[PR]
by kissouch | 2009-10-20 03:27 | 余談
いつものことだが、大雨が降った次の日の新聞の一面には必ず「大木に押しつぶされた家」の写真が載っている。
案の定、昨日の新聞にも「オークの木が家の上に倒れた写真」が一面の真ん中にあった。
この写真を見れば、読者はいかにひどい雨が降ったか、どれほど強い風が吹いたか、一目で分かる。
また、雨に慣れていないカリフォルニアでは、交通事故が多発する。
暴風が到達した火曜日は、普段の3倍の911Call があったらしい。(日本の110番)
私の近くでも大きな人身事故があった。救急車がけたたましく走っていた。

日本では台風18号とそっけない名前だが、こちらではTyphoon Melorと呼ばれている。
この台風、日本を直撃した後、太平洋を渡ってカリフォルニアまで到達したとは、大いに感心する。(不謹慎だが)

ところで、幻ヴィンヤードはデローチ・ヴィンヤードと複数年の契約がある。
それゆえ、毎年決まった価格で収穫量の半分の葡萄がデローチ・ヴィンヤードに引き取られる。
しかし、契約ワイナリーのない葡萄栽培農家は売り先を探さなければならない。
去年から続く不況のため、何処のワイナリーもワイン販売は芳しくない。
大きな在庫を抱えたワイナリーが多い。
できればワイン作りを控えたいのが、ワイナリー側の本音だ。
ゆえに、今年のハーベストはワイナリーの買い手市場だ。

栽培農家はワイナリーに買い叩かれ、四苦八苦ているところに、タイフーン・メローがやって来た。
栽培農家にとって、踏んだり蹴ったり、とはこのことだろう。

もう収穫をしない、とあきらめた農家もあると聞く。


続くにほんブログ村 酒ブログ ワインへ


ENGLISH (not good translation)
[PR]
by kissouch | 2009-10-16 02:45 | Harvest 2009
「とても強い勢力の台風18号が、日本に大きな被害をもたらした。」と、
こちらのニュースが伝えていた。
しかし、この台風がハーベスト中のソノマ、ナパにまで影響をもたらすとは誰も想像できなかったようだ。


ジェットストリームに乗って、
この台風18号(低気圧になった。)が来週月曜日ぐらいに西海岸に到達するらしい。
火曜日には「暴風雨」の予報が出ている。
私の知り合いのワインメーカーの間では、早速「ジャパニーズ・レイン」というニックネームが付いた。
そのジャパニーズ・レインが大雨をもたらすと言う予報を受けて、どこのワイナリーも大忙しだ。

雨が降るまえにできるだけ収穫を終えようと。

ハーベスト期間中に少しの雨でも降ると、「卒倒」しそうになるワインメーカーが多いカリフォルニアだ。「暴風雨」と聞いて、かなり心配している。

月曜日に幻シャルドネを収穫する。
私も少々心配だ。
続くにほんブログ村 酒ブログ ワインへ


ENGLISH (not good translation)
[PR]
by kissouch | 2009-10-11 04:31 | Harvest 2009