カリフォルニアのソノマでワイン醸造に携わって早くも15年。「日本人醸造家の悪戦苦闘!」を綴ったワイン日記


by kissouch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

先日、マボロシヴィンヤードにディジョンローン777を植えたことを書いた。
そうすると、クローンについていくつかの質問を頂いた。
また、もう少し詳しく説明してほしいとのメールもあった。

それゆえ、
去年帰国したときにカリフォルニアのピノノアール・クローンについてセミナーを行ったが、その復習を簡単に書いてみようと思う。


ワイン醸造の修行のために、私がブルゴーニュに行ったのは1991年だ。
最近でこそ、フランスでワイン関係の仕事をしている日本の方の話を聞くが、当時ドメーヌで働く日本人は私以外誰もいなかった。
それ以上に、
日本では「黒猫ラベルのワインが美味しい。」という時代だったので、
グランクリュ街道を旅する日本人にすら会ったとがない。
唯一ジュブレイ・シャンベルタンであった日本人の方は、三美のインポーターさんだった。
(そのとき頂いた羊羹の味は忘れられない。その後三美さんはなくなったらしいが。。。)

3歳の娘の保育所の関係、そしてレベッカが通うブルゴーニュ大学の関係もあり、その当時私たちが住んでいたのはブルゴーニュの中心地、ディジョンだ。
(ディジョン・クローンのディジョンだった。)
そのディジョンで、過去40年ほどピノノアール・クローンの研究がされていたとはまったく知らなかった。
知っていればよく通ったであろうに。。。。今でも残念に思う。

さて、このディジョンで新しいクローンが作り出されたので、ディジョン・クローンと呼ばれている。(アメリカでは)
カリフォルニアには1990年代中ごろにデジョンクローンが紹介され、現在最もポピュラーなクローンとなっている。それに対して、デジョンクローンが植えられる前までの伝統的なクローンを通称オールドスクール・クローンと呼ぶ。

私たちはブルゴーニュで1年間生活した後、1992年にソノマに来た。そして、あちらこちらの有名カリフォルニア・ピノノアールを飲んだ。
しかし、私が覚えているルソーのワインとはまったく違った。
これはちょっとヤバイ!と思った。
私が描くピノノアールが本当にカリフォルニアでできるのだろうか、と。

ナパ産、ボルドー産のボルドー系品種はそこそこ比肩していたが、
ブルゴーニュのピノノアールとカリフォルニアのピノノアールは
「まったく違う品種では??」
と思うぐらい違いが顕著だった。

「カリフォルニアではブルゴーニュのような素晴らしいピノノアールは作れない。これがテロワールの差だ。」
と述べているワイン批評家がいた。
同じようなことを書いているワイン雑誌も見たことがある。

続く

このような内容に興味のある方、クリック

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
[PR]
by kissouch | 2009-06-30 06:49 | Vineyard 2009

Pinot Days 2009...

今年も ピノ・デイズ が サンフランシスコの Fort Mason で開かれる。
200以上のピノノアール・プロデューサーが集まるので、ピノファンは見逃せない。
今日、ピノデイズ本部からemailが来た。
去年のチケット販売は2500人分、今年はもっと増えて3700人分売れた、と。
かなりの混雑が予想される。

海外からの入場者も多い。
一昨年までは日本から来られたワイン愛好家が多かったが、
去年は中国から来たワインブローカーのほうが目立った。
今年はどうだろう?

メインのテイスティングは、6月28日(日曜日) $50.
来られる方は是非幻ヴィンヤードのブースまで。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
[PR]
by kissouch | 2009-06-23 06:11 | tasting

wine tasting seminar in Sonoma...

葡萄の樹の成長が早く、この時期はとても忙しい。
それを言い訳にするのは良くないが、emailの返事が遅れてしまい、ご迷惑をかけた方々にはお詫び申し上げる。
そして、ブログの更新も遅れ、お叱りの声を頂いた。
まことに申し訳ない。


ところで、6月13日、デローチヴィンヤードのプライベートテイスティングルームでテイスティングセミナーを行った。最初10人程度を予定していたが、最終的には25人の方が参加してくださった。

皆さん熱心に私の話を聴いてくださり、楽しいひと時となった。
また、この企画を続けようと思う。
今回参加できなかった人はぜひ次回に!!

そのときの様子は、セミナーに参加していただいた西本さんのカメラに詳しく収まっているので、是非覗いてほしい。

続き

commo!?


f0007498_1242350.jpg


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
[PR]
by kissouch | 2009-06-23 01:24 | news in sonoma/napa

New Planting clone777.....

ピノノアールの話をしていると、必ず「どのクローンをつかっているか?」と聞かれる。

カベルネやメルローと違って、ピノノアールは他の品種をブレンドすることができない。
少しでも他の品種を混ぜると、ピノノアールの繊細な味わいがなくなる。
それゆえ、ピノノアールのクローン間でブレンドするのが正当だ。

(しかし、”真っ黒”なピノノアールを見たことがある人もいるだろう。カリフォルニアの法律では75%ピノノアールであれば後の25%を他の品種を混ぜることができる。そのため、色を濃くするため、ボディーを大きくするため、複雑味を増すためと称して、シラーやプティシラーを混ぜているところがある。〇〇ポイントを信奉する方々はこのようなシラー・ピノを好むようだ。)

さて、現在マボロシヴィンヤードに植えられているクローンは、ディジョンクローン115と667だ。
777がこの畑ではどのような味わいになるか、以前から興味があった。
ということで、空き地に、僅かではあるが350本の777を植えることにした。

ENTAVのサーティフィケーションをもつ葡萄の苗木屋さんに去年オーダーした苗木が6月初旬に届いた。
f0007498_791130.jpg
f0007498_794891.jpg


セバストポールでグルメ納豆の生産を始められた佐藤さん、高橋さんからマッシュルームようのコンポーストをただいた。これを土に混ぜると成長が早くなる!?だろう。
f0007498_7101556.jpg


この350の苗木を植えるために、はるばるユタ州から応援に来てくれたケイティーとマット。
身長150cmと小柄ではあるが、ケイティーはよく働く。
f0007498_711336.jpg


350個の穴を掘るのはかなりきつい。
f0007498_7111795.jpg


イリゲーションが間に合わなかったので、ガロンジャグで水をやる。
f0007498_711319.jpg


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
[PR]
by kissouch | 2009-06-16 07:11 | Vineyard 2009
クライスラー、ゼネラルモータースと建て続けに破産申請されたが、車業界だけでなくワイン業界も厳しい。
今年早くにKJ(ケンデルジャクソン)が多くの従業員を解雇し、新聞にも取り上げられた。
どこのワイナリーも業績が上がらず、解雇された人たち、の話を聞く。
今年をどうにか持ちこたえれば、倒産を免れ存続させることができると、ワイナリーは必死だ。


今年も先週末にナパヴァレーオークションが開かれた。
アメリカ中のお金持ちが集まって、札びらをばら撒いていくオークションだが、今年はあまり気前がよくなかったようだ。

去年約10億円のビッドがあったが、今年は半分以下の4億円に減ってしまった。
こちらにもリセッションの波が押し寄せている。


f0007498_7461636.jpg
f0007498_7463296.jpg

[PR]
by kissouch | 2009-06-09 07:46 | news in sonoma/napa