カリフォルニアのソノマでワイン醸造に携わって早くも15年。「日本人醸造家の悪戦苦闘!」を綴ったワイン日記


by kissouch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Buds buds buds!!

つい1週間前は芽が大きく膨らんだ状態だったが、
先週はとても暖かかったので、一気に伸びだした。

葡萄の樹にとって、「春爛漫」と言うところだろうか。

まだ朝晩はとても冷える。
今朝も、平地のヴィンヤードではスプリンクラーがあちらこちらで回っていた。

去年のひどい霜害の教訓があるので、まだ誰も手を抜いていないようだ。

f0007498_3555748.jpg


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

very bad translation、 but try →English Version
無断転載はお断りします。
[PR]
by kissouch | 2009-03-31 03:57 | Vineyard 2009

Cru Vin Dogs....

「その国の犬がどのように扱われているかを見れば、その国の文明度がわかる。」
と言っていた「犬好きの作家」がいたが、誰だったろう?

彼の説が正しければ、フランスはかなりの文明国だ。
18年ほど前フランスのディジョンに住んでいた頃、ワインの勉強をかねてよくレストランに行った。
ちょっと高級になると、「子供お断り」の店が多い。
しかし、犬は伴ってもよいレストランが多々あった。
星つきのレストランでも、愛犬が堂々と主人のそばに寝そべっていた。
日本に比べると、こちらの犬は幸せだなー、と思ったことがある。

アメリカでも、諸外国に比べると犬の地位はかなり高いと思う。
しかし、ここ2~3年、捨てられる犬が増えた。
サブプライムローンに巻き込まれたために多くの人が家を追い出され、
貸家に引越しを余儀なくされた。
当然、ペットを許可する大家は少ない。
そのため、どこのドッグ・シェルターも満杯だ。

そんな時、“犬大好き”な人々によってCru Vin Dogs Wineが3年前に設立された。
なんとも短絡的な名前だが、そこがアメリカ人らしい。
そして収益の一部がドッグ・レスキューに使われる。

さて、ソノマのロッシアンリヴァー地区には素晴らしいピノノアール・ヴィンヤードが数ある。
いろいろ候補に挙がったヴィンヤードの中から、Best in Show Pinot Noir 用に幻ヴィンヤードが選ばれた。
そして、この4月に、
Cru Vin Dog Pinot Noir 2007 Maboroshi Vineyard がリリースされる。


犬大好きな人、このワインに興味のある人は私まで連絡を。

f0007498_3263212.jpg


下の写真は、私がレスキューしたグレイハウンド、JB(レース名:ジャザベル)。
ドッグレースに使われた犬で、3歳で“お払い箱”とナリ幻ヴィンヤードにやってきた。
最初はかなりおびえていた。
レース以外はいつも小さな檻に閉じ込められていたので、座ることができない。(と言うより、座り方を知らない)
今ではすっかり幻ヴィンヤードの一員となり、害のある野生動物がヴィンヤードに入り込まないように、活躍している。
f0007498_3302655.jpg




にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

very bad translation、 but try →English Version
無断転載はお断りします。
[PR]
by kissouch | 2009-03-27 02:30 | wine link

buds break 2009.......

Buds, Popping up!

f0007498_1158549.jpg


3月ももう終わりだ。
すっかり春の陽気となった。
芽が膨らみ、弾けだしたものもある。
昨年より少し遅れているが、、、、

ローカル新聞では、2週間ほど前に発芽しだした地区があるという。

今年は水不足のため、十分にスプリンクラーを回すことができない。
霜害が心配なところが多いだろう。

(どうしてスプリンクラーで水をまくと霜害に有効か、とよく聞かれる。

なるほど、水をかけると返って温度が下がり、逆効果な気がするが。
過去に書いた記事を参考に)


霜害防止 その2

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

very bad translation、 but try →English Version
無断転載はお断りします。
[PR]
by kissouch | 2009-03-25 05:53 | Vineyard 2009



1)サンタバーバラ地区。
この地区はブルゴーニュ系のみと思っていたが、カベルネ・ソーヴィニヨンも有望なのだろうか?
1トン当たり14,528ドル出せば、ナパの素晴らしいフルーツが買えるが。
ちなみに、この地区のカベルネの最低価格は200ドル。
落差が大きいのには驚きだ。

2)2位ソノマ、3位サンタバーバラ、4位メンドシーノ、5位レイク、6位モントレー。
10年ほど前、レイクカウンティーはボルドー系品種に関して大いに期待されていた。
ワイン雑誌などでは、「ナパに続く期待の星」と持ち上げていた。
そのため、私の知り合いなども含め、多くの人が土地を買いヴィンヤードを作った。
しかし、それほど評価が上がったとは聞かない。
最近では、誰もレイクカウンティーの話しをしなくなってしまった。

3)平均価格 ソノマ、サンタバーバラ、ナパ、メンドシーノ、モントレーの順。
  最高価格 ソノマ、ナパ、モントレー、サンタバーバラ、メンドシーノの順。
名実ともに、「ピノノアールはソノマ」と評価を得たようだ。
ちなみに生産量も17,207トンで、ソノマがトップだ。

4)ナパ。
ナパの名前は強い!


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

very bad translation、 but try →English Version
無断転載はお断りします。
[PR]
by kissouch | 2009-03-06 08:53 | Crush Report