「ほっ」と。キャンペーン

カリフォルニアのソノマでワイン醸造に携わって早くも15年。「日本人醸造家の悪戦苦闘!」を綴ったワイン日記


by kissouch
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

wwoofer....Sigrid and Erika...

ハーベストシーズンになると、
たくさんの若者がワイン醸造やブドウ栽培の勉強を兼ね、
ハーベストワーカー(インターン)としてカリフォルニアにやって来る。
今まで知り合ったインターンの出身国は、
フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ルーマニア、リトアニア、
オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、カナダ、インド、チリ、
そして地元のアメリカだ。
モチベーションなど人それぞれだが、出身国で大体その若者がどれだけ働くか想像できる。

上記の国で、最も「ひどかった働きぶり」はテキサスからやってきたアメリカ人だ。
私がカリフォルニアに来て2年目、某ワイナリーでカウボーイハットのウェインがセラーで働いていた。
彼はテキサスの自慢話が好きで、仕事中もよく話した。
ある日、彼は話に夢中になりすぎてポンプオーバーをしていることを忘れ、そして、ポンプを回したまま帰宅してしまった。
30分のポンプオーバーが6時間ほどになってしまった。
(誰かが気付かなければ一晩中回っていただろう。)
当然、翌日彼は解雇された。

また、5年ほど前だろうか、ニューヨークから来たエレンも話好きだった。
やはり話に夢中になり、自分の仕事を忘れるタイプだった。
カナダ人のケイトもひどかった。
「I like to work. I am a hard worker!」
と、散々自分を宣伝しておいたが、
やはり、話好きの怠け者だった。

上記のようなタイプ、話好き・話上手なインターンはすぐに打ち解け、すぐに誰からも気に入られる。
しかし、口ほどに手や体が動かない。
それが大きな難点だ。
アメリカはもちろん、イタリアなどの南ヨーロッパ出身者が多い。

反対に、口数が少ない(英語が上手でない)ために、周りと打ち解けられず変わり者のように見られることもあるが、
東ヨーロッパ出身のインターンは驚くほどよく働く。

オーストラリア、南アフリカ出身のインターンは、
働きぶりはよいが理屈をこねることが多い。

発展途上国出身のインターンは、「何かを学ぼう。」というモチベーションが高い。
そのため、未知の仕事に対してはよく働くが、単純な仕事は嫌がる。
そしてマナー度が低い。

(これはあくまで私の主観であり、必ずしもそうでない。誤解がないように。)


先週の日曜日に、wwooferとして2人のスウェーデン女性が幻ヴィンヤードにやってきた。
Sigrid と Erika。

さて北欧系は???

・・・礼儀正しく、よく働いてくれる。


f0007498_2274756.jpg


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

very bad translation、 but try →English Version
無断転載はお断りします。
[PR]
by kissouch | 2008-10-31 02:28 | vineyard 2008

老兵、去るのみ。。。

「老兵、去るのみ。」
f0007498_631766.jpg
f0007498_6312539.jpg
というところだろうか、
ハーベストが終わると古いヴィンヤードの植え替えが始まる。
ジンファンデルなどは古木が珍重されるが、葡萄の樹は普通30~40年で植え替えられる。

写真はブルドーザーでなぎ倒された老木の無残な姿。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

very bad translation、 but try →English Version
無断転載はお断りします。
[PR]
by kissouch | 2008-10-30 06:31 | vineyard 2008
ガロの
「俺の畑のあるところまで、ロッシアンリヴァーAVAを広げろ!」
と言う要求に多くのワインメーカーは不安を抱く。

私の友人が、「カーネロスのようになるのでは。」と心配する。

10数年前、カーネロスのフルーツを使ってセンツベリーなどが素晴らしいピノノアールを作り出し、ブルゴーニュ系の葡萄に関して、カーネロスはロッシアンリヴァーと双璧をなしていた。
しかし、最近カーネロスの名を聞くことが少なくなった。
なぜだろう。
センツベリーなど、一部のワイナリーでは今でも素晴らしいピノを市場に送り出しているが。。。

当時、カーネロス地区がピノノアールに向いているとの評価を聞きつけて、大手のワイナリーが多くの牧草地をヴィンヤードにコンバートした。
私がカリフォルニアに来た当時、カーネロス地区にはそれほど目立たヴィンヤードがなかったが、現在、カーネロスハイウェイの両側はヴィンヤードでぎっしり埋まっている。
また、ソノマ側のカーネロスも同じだ。
そして、大手のワイナリーが「マスプロダクション」のカーネロスピノを市場にどんどん送り出した。
そして、そのピノはどんどんカーネロスの名声を壊していった。

先週のウイークエンド、セバストポールからガロのヴィンヤードがあるコターティまで116号線を下った。すると、ガロのヴィンヤードの近くに新たなヴィンヤードが造成されつつあった。
かなり大きなヴィンヤードだ。
端が見えない。
大手のワイナリーが、近々ロッシアンリヴァーAVAになれると思って造成したのだろうか?


3,4年すれば「ロッシアンリヴァーのマスプロダクション・ピノ」が出てくるかもしれない。
憂慮すべきことだ。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

very bad translation、 but try →English Version
無断転載はお断りします。
[PR]
by kissouch | 2008-10-28 02:36 | news in sonoma/napa
アメリカでのアぺレーションは、AVA(American Viticulture Area)と表示される。

カリフォルニアには数多くのAVAがあるが、
Russian River Valley(ロッシアンリヴァー・ヴァレー)は極上のピノノアールを栽培できる地区として名声を得ている。
こうした名声は一朝一夕にして築かれるわけではない。
1983年にAVAとしての認可を受けて以来、この「名声」はロッシアンリヴァーAVA内にヴィンヤードを持つグローワーの方々のたゆまない努力の結晶だ。
ロシアンリヴァーAVAに畑を持つ私は、そうした方々に敬意を表す。

ロッシアンリヴァーAVAの特徴は、なんと言っても海から地を這うように流れてくる霧だ。
今年は不規則であったが、例年午後3~4時ごろに現れる。
日中最も暑くなる3時ごろに冷たい霧が流れてきて、冷涼な気候を保つ。
アレキサンダーヴァレーと私の畑を比べると、最高気温で20F(約11℃)の温度差がある。(もちろん私の畑のほうが涼しい。)

ところで、巨大ワイナリー「ガロ」は、そのロッシアンリヴァーAVAの名声を一夜で築きたいらしい。
ぺタルーマからサンタローザに向かう途中にコターティという小さな町がある。そのハイウェイ101沿いにある、丘2つほどのヴィンヤードをガロが所有している。
約350エーカー(やく160ヘクタール)の広さだ。
この畑をどうしてもロッシアンリヴァーAVAにしたく、ATTB(Alcohol and Tabacco Tax and Trade Bureau)に働きかけている。
この畑から造られたワインをロッシアンリヴァーのピノノアールとして売り出せば、倍以上の利益が出るだろう。
しかし、このコターティ付近は、気候的にも、植物学的にもロッシアンリヴァー地域とは全く違った条件の土地だ。
それを強引にやるところがガロらしい。

ガロが「雪は黒い。」といえば、
不思議なことに「雪は黒い。」と思う人がいる。
そして「雪が黒い。」と思う人が増えているのには驚きだ。

金の力は世界共通のようだ。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

very bad translation、 but try →English Version
無断転載はお断りします。
[PR]
by kissouch | 2008-10-24 02:30 | news in sonoma/napa
スペインのコルク会社から、アメリカの代理店のゼネラルマネージャーとして派遣された ファラン とは10年来の付き合いだ。
日本とスペインと出身国は異なるが、お互い”外国人”なので、アメリカに対する見識には共通点が多い。
ということでよく気が合う。


ファランが働くコルク会社は数年前から樽の販売も始めている。

樽といえばフランス産オーク樽が最も優れている。
(ほとんどのワインメーカーに異論はないだろう。)
そして、ハンガリー産オーク、ルーマニア産オーク、ロシア産オーク、アメリカ産オークと続く。

昨日、ファランから電話があった。
「今度、中国産オーク(学術名Quercus mongolicus)でできた樽を取り扱うことになった。興味があるか?」
という内容だ。

「もちろん興味がある。違う理由で。」と答え、ちょっと暇だったので話を聞いてみた。

「違う理由? OK、、」と言って説明し始めた。
2005年に中国産オークを買い付け、3年干しのステーヴで作った樽。
約40000樽生産された。
ヨーロッパの10以上のワイナリーで使われ始めている。
有名なワイナリーでは、マルゴー地区のCh.Malescot。(私は聞いたことがない)
スモーキー、ロータンニン、そしてエキゾティックなフレーバーをもたらす、等。

「TCAは大丈夫か?」と聞いた。

「検査済み。パス。」とファランは答えた。

「それでは、メタミドホスは?」と聞くと、

「何?それ?」と聞き返した。

「Poisoned gyoza(毒餃子)って知ってるか?」ファランが知っているわけないのだが、冗談で聞いてみた。
そして一連の毒餃子事件を簡単に説明した。

「餃子の話は知らないが、メラミンで乳製品が汚染され、多くの子供が病気になったことは知っている。」と彼は答えた。

「じゃ、メラミンの検査はしたのか?」と聞くと、

少し怒った感じで、「I don't know!」と語気を強めた。


ワイン好きな方とワインの話をしていると必ず樽の話が出てくる。
そのとき、
「フランソワ・フレアーのアリエールです。」
とは言えても、
「幻ワインは中国産の樽を使っています。」とは言いにくい。

(何か変なものが入っているのでは? 
と、誰もが一瞬買うのをためらうかもしれない、日本では。)

そのことをファランに説明すると、
「大丈夫。ヨーロッパでは評判がいいので、カリフォルニアでも売れる。」と自信がありそうだ。
アメリカに対しては共通する概念を持ち合わせているが、
彼の中国観は、私ほど悪くないようだ。

最後に価格を聞いた。
(多分かなり安いのだろうと思って。)

「一樽、740ドル!」

「740ドル?」私は聞き返した。
アメリカン・オークより高い。

価格のほうが問題かもしれない。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

very bad translation、 but try →English Version
無断転載はお断りします。
[PR]
by kissouch | 2008-10-22 03:46 |  樽 Barrel
月曜日に、南カリフォルニアで大きな山火事が発生した。
f0007498_6115482.jpg




今年は本当に山火事が多い。

以前このブログでも触れたが、
北カリフォルニアでは6月の終わりから7月にかけて大きな山火事があり、
鎮火するのに一月以上かかった。
ソノマ、ナパ、メンドシーノ、レイクカウンティーは厚い煙に覆われ、太陽が霞んで見えることもあった。幸い私の畑は山火事の現場から遠く離れていたので、煙や灰の影響は少しで済んだ。
しかし、メンドシーノ地区では、
畑仕事をするヴィンヤードワーカーはマスクを強制的につけさせられるほどひどく、
灰が降りかかった畑も多々あると聞く。
その頃(7月)、ワイン関係者の間では山火事の煙や灰がどの程度ワインに影響するか、ホットな話題になったがすぐ収まった。

しかし、ハーベストもほぼ終わり、この話題が再燃してきた。
クラッシュされたジュースが、すでにスモーキーだというワインメーカーもいれば、
例年と変わらないというワインメーカーもいる。

さてどうだろう?
興味のある人は、被害が大きかったメンドシーノ産の白ワインを買うとよい。
来年の春から夏にかけてリリースされるだろう。
オーストラリアのリサーチャーによると、ワインにスモーキーフレーバーが強く出てきて、ひどくなるとベーコンなどの香りも出てくるという。


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

very bad translation、 but try →English Version
無断転載はお断りします。
[PR]
by kissouch | 2008-10-15 03:23 | vineyard 2008
先日、emailで「ボトルショックとはどういう意味か?」という質問が来た。
映画「ボトルショック」が日本でも公開され?、
ボトルショックと言う専門用語が広く一般に使われるようになって来たようだ。






私がジュブレイ・シャンベルタンで働いていた時、
シャルル・ルソーが
「ボトルに振動を与えるな!」
と言っていたのを思い出す。
若かりし頃、パリに住む友人に招かれたシャルル・ルソーは、ヴィンテージモノのクロ・サンジャックを手土産にパリに向かった。しかし、友人宅で開けたそのクロ・サンジャックは彼がイメージしていたクロ・サンジャックではなかった。
カシスとスミレの香りが部屋中に広がるというような。。。。。ことはなかったようだ。
「ワインは旅しない」と古くから言われているが、デリケートな古いワインはシャンベルタンからパリまで2時間ちょっと車に揺られても味が変わってしまう。
新しい’体力’のあるワインなら寝かせておけばすぐに元に戻るが、
古いヴィンテージでは元に戻らないだろう。

上記のようなことも ボトルショック とか ボトルシックネス という言葉が使われているが、ワイン醸造ではボトリング前とボトリング後のワインの状態の違いをボトルショックという。 
ボトリング時には、車に揺られるのとは比べ物にならないほどの負担がワインにかかる。
そのため、ワインのフレーバーがとてもシンプルになったり、ワインのボディーがなくなったりする。
ボトリング後ワインを試飲して、
「あれ、こんなはずでは。。。」と、
一瞬ドキッとすることがある。
ボトルショックとわかっていても、元のフレーバーに戻るまでは不安が付きまとう。
私は1週間に1度の割合で試飲して、ワインが元の状態に戻っていく過程を見守る。

ボトルショックが回復するのにかかる時間はまちまちだ。
シンプルなワインならボトリング直後に飲んでも味は変わらない。
しかし、高級ワインは必ずボトルショックがある。
私の友人のワイナリーはボトリング後1年間は出荷しないという。
私のピノノアールでは、回復するのに2005ヴィンテージで4~5ヶ月、2006ヴィンテージでは8ヶ月かかった。

さて、どうしてボトルショックが起こるのだろう。
過去に聞いた話、読んだ話で面白い説は。。。

静電気説。。。ワインとビンとの間に摩擦が生じ静電気がおきる。
その静電気がワインの味を変える。 
おもしろい! 
帯電したワインを飲むと舌の先がピリピリしたりして。(ありえないことだが。)

あと、振動で澱とか酒石酸が舞い上がり、ワインの味を変えるとか。
また、ビン内にある酸素がワインと急激に混じって味が変わるとか。
想像たくましい方がいらっしゃる。

実際のところ、どうなんだろう。
ワイン自体とても複雑な構造で、まだまだわからないことが多い。
このボトルショックも仮定の段階で解明されていない。
10年以上前、UCDavisのK博士から、ロマンのあるボトルショックの話しを聞いたことがある。これは長くなるので、またの機会に。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

very bad translation、 but try →English Version
無断転載はお断りします。
[PR]
by kissouch | 2008-10-09 03:10 | ボトリング/bottling

Napa Valley Winery Exchange......

ベイエリア在住の方々に朗報。
幻ワインの購入にはオンラインでのオーダーか、
わざわざセバストポールの幻ヴィンヤードまで来ていただいていた。
9月からもうひとつオプションが増えた。

サンフランシスコのワインショップ Napa Valley Winery Exchange 
Maboroshi Pinot Noir 2006 と
RebeccaK Chardonnay 2006 が買えるようになった。

スタッフに日本人のみどりさんがいらっしゃる
ワインに関する質問は、気軽に日本語で。


問い合わせ
415 Taylor Street (directions)
San Francisco, CA 94102

Phone: 415-202-8923
Fax: 415-441-9463
global@nvwe.com

営業時間
月曜~土曜 10:00~19:00
日曜 10:00~17:00


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

very bad translation、 but try →English Version
[PR]
by kissouch | 2008-10-04 05:45 | wine shop

フリーランをスクリーンに通し、別のタンクに送る。
f0007498_6112036.jpg



サンプに溜めたワイン。この日の糖度は3.6g/L。もうすぐ完全にドライだ。
f0007498_6113982.jpg



フリーランを抜いたタンク内のパーマス。破砕されていない葡萄の粒も見える。
一見、コルクに付着した酒石酸のようにも見える。
f0007498_613980.jpg



ビンに集められたパーマス。このビンに約5杯あった。
f0007498_6133174.jpg



心臓が痛くなるような落書き。アメリカ人はジョークが好きだ。
f0007498_6135138.jpg



にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

very bad translation、 but try →English Version
無断転載はお断りします。
[PR]
by kissouch | 2008-10-02 06:14 | Harvest 2008

ソノマのCote D'or。。。

ここ2、3日ですっかり秋らしくなった。
先週まで緑色だった葡萄の葉が’黄金色’に変わりつつある。
ジュブレイ・シャンベルタンで働いていたころを思い出す。

f0007498_1381792.jpg
f0007498_1383843.jpg


日が西に傾くと、相変わらず津波のように霧が押し寄せてくる。
これはブルゴーニュでは見られない、ソノマだけの風景だ。
f0007498_1394648.jpg



にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

very bad translation、 but try →English Version
無断転載はお断りします。
[PR]
by kissouch | 2008-10-01 01:39 | vineyard 2008