カリフォルニアのソノマでワイン醸造に携わって早くも15年。「日本人醸造家の悪戦苦闘!」を綴ったワイン日記


by kissouch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Topping

ピッツァのトッピングではない。
「ワインにチーズとかのかわりに何かかけるんですか?」と真顔で聞かれ、思わず笑ってしまったことがある。トッピングとはワイナリー用語で樽へのワインの補填のことである。

トッピングの回数はワインメーカーの判断でまちまちだ。シャルドネを毎週トッピングしているところもあれば、赤ワインを3ヶ月に1度だけしているワイナリーもある。私は月に一度が適当だと思っている。私のピノ・ノアールは去年のクリスマス前にトッピングを行ったので、今週がトッピングウイークである。

ワイン用の樽は木でできているので、ステンレスタンクのように完全密閉できない。だからワインが少しずつ蒸発する。そして樽上部に空間ができ、そこに空気が入り込む。この時点での空気はワインにとって良くない。ワインを酸化させるのと同時に、バクテリアなどの微生物の繁殖を助長するからだ。ゆえにワインを補填して空間をなくす必要がある。
私が使う樽はすべてフレンチオークであるが、樽メーカーや、樽の形状によってもワインの蒸発量が違う。この時期で一樽当たり平均400ccが一月で蒸発する。夏近くなると600ccぐらいに増える。
この計算からすると、一樽あたり年間8本のワインが蒸発していることになる。
よく考えてみると、大きな損失である。



・・・・・・・・・・・・・・無断転載はお断りします・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by kissouch | 2006-01-26 04:12 | ワイン醸造/vinification

Mondovino


この映画を見たのは半年ほど前だったが、最近日本で話題になっていると聞き、DVDを借りてもう一度見てみた。ワイン業界で働いている関係上、実際登場人物(悪役)と会ったり、話をしているので私にとっては興味深い映画だ。
この映画の監督、ジョナサン・ノシターの意図は明確で、ミシェル・ローランやロバート・パーカー・Jr,そしてモンダヴィ家がワインのグローバルゼイションを図る悪徳商人、テロワーリストのド・モンテイユ親子やエメ・ギバールがワインの個性を守る正義の味方、と位置付けている。ジョナサン・ノシター自体がソムリエなのでテロワーリスト側につくのは理解できるが。
ミシェル・ローランが言い放つ、
「micro=oxigenation、micro=oxigenation、・・・・・ 」
「flying winemaker」
「 I only hope they plant vines on the moon,so I can be a consultant there.」
は、誰にでも,とても嫌みに聞こえる。
一方、テロワーリスト側は、
「The key to terroir.」
「It takes a poet to make great wine.」
「The wine you make is a reflection of who you are.」
「They've lost identity, we've lost dignity.」
とカッコいい.私も一度使ってみたいセリフだ。

ミシェル・ローランに一度会ったが、とても奢れるような人には見えなかった。この映画では一方的に強調しすぎるような気がするが。彼を評価する声も沢山あるので、もう少しフェアに取り上げるべきだったと思う。実際ミシェル・ローランからノシターに強い抗議が寄せられたらしい。
そしてこの映画には脇役で多くの犬が登場する。上記のワインの言葉ではないが、ノシターはその犬から飼い主が想像できる、と言う.その見地からすれば、ロバート・パーカーの「ファーテイー・ジョージ」が最も的確かと。
あとチープショットが気になる。オーパス・ワンでのヴィンヤードマネージャーへの質問や、スタグリンでのシャリー・スタグリンの会話など。
英語、フランス語、イタリア語を自由に話す私の友人は、少しまずい訳があると言っていた。日本語訳はどうだろう。
さて、あなたの感想は?
ノシターの思う壷にはまるか? それとも・・・・・・・

 もし見ていない人が居れば必見の映画である。

PS:船酔いしやすい人は気をつけた方がよい.
f0007498_12521727.jpg

[PR]
by kissouch | 2006-01-19 13:00 | 余談

Taste Washington

Taste Washington
ワシントン州のプレミアムワインを一堂に集めたイベント、Taste Washington が4月8日にシアトルで開催される。詳しくはこちらまで
[PR]
by kissouch | 2006-01-17 14:34 | wine link
当初、ヴィンヤード被害はそれほどひどくないように伝えられていたが、そうでもないようだ。特にナパのナパリヴァー沿いはひどいらしい。損害額の情報はいろいろあるので定かではないが、ナパだけでのヴィンヤード被害額は50億円ぐらいだろうか。
ローカル新聞に被害についてのコメントが載っていたので拾ってみた。

ピーター・モンダヴィ・Jr(チャールズ・クルーグ・ワイナリー)
「我々のヨントヴィルの畑はとりわけひどいダメージを受けた。ヴィンヤード全体が水没し、約6エーカーのブドウの樹が根こそぎ流されてしまった。」この畑では1エーカーあたり約1500本のブドウの樹が植わっている。
「畑は流されてきたガレキでゴミだらけだ。所有者は誰か知らないが、高級フレンチオーク樽もあった。畑を再生するのには多大な労力と時間と金がかかりそうだ。」

ブライアン・デル・ボンデイオ(マーカム・ヴィンヤード)
「周りの畑が冠水状態になり、数個の空樽がブドウの樹の周りを泳いでいた。」

ボブ・リトル(シルヴァーオーク・セラーズ)
「3フィートほど水につかったが、ワインには影響はなかった。従業員総出で掃除した。」

カート・ヴァンジ(サドルバック・セラーズ)
「セラーが3フィート以上の水につかった。あまり驚くことではない。我々はコーン・クリークとナパリヴァーの間に居るので、いつもひどい目に遭っている。コンピューターと電話が水に浸かりだめになった。ステンレススチールのタンクが水に浮かんでいたが、少しのダメージですんだ。」

フィル・ビロドー(グルギッチヒル・セラーズ)
「ひどい嵐だったが我々のヨントヴィルの畑は冠水しなかった。何故なら我々はバイオダイナミック農法を実践してるから。」  (座布団1枚!)

ピーター・マックレア(ストーニヒル・ヴィンヤード)
「畑は嵐に耐えて何もなかった。スプリング・マウンテンでは大きな問題は何もないようだ。」

この洪水の数日後、某有名なワイナリー関係者がマスコミに語っていた。
「・・・・ブドウの樹は水に浸かった方が良い。どこかの国ではフィロキセラを駆除するのに2週間畑を水浸しにしている・・・・」

?????
フィロキセラは30日間水中に入れておいても死なないのだが・・・

3 days later、 after rain storm
f0007498_13421287.jpg
f0007498_1343568.jpg

・・・・・・・・・・・・・・無断転載はお断りします・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by kissouch | 2006-01-13 13:35 | ヴィンヤード/vineyard
zap(zinfandel advocates & producers)
薄い、酸っぱいワインに飽きたら・・・ジンファンデル。 アルコール度数15%以上のビッグなジンを楽しめる。今年は1月25日から28日までサン・フランシスコで開催される。メインのテイステイングは28日。詳細はzapまで。ベイエリア在住のワイン愛好家は必ず行くべし。
[PR]
by kissouch | 2006-01-12 02:14 | wine link

(1) コルクとTCA

「最近、コルクの質が低下した。」と言うワイン批評家がいた。それは間違いで、コルクの質は毎年向上している。
ブショネとかcorkedといったワインは一般にTCAが原因だが、TCAが正確に計測されるようになりだしたのはつい最近である。そしてそれ以来、TCAが“流行語”となってしまった。ワイナリー関係者はその数値に敏感になり、またスペクテイターなどのワイン雑誌がTCAに汚染されてるワインが多々ある、と取り上げだした。それにつられ消費者も”TCA”という言葉を口にするようになってきた。
以前はコルク生産業者に抗議しようにも、“証拠”となる正確な数値がなく、ワイナリー側の泣き寝入りだった。せいぜい業者を変える程度の抵抗しかできなかった。しかし立場が逆転した今、コルク生産業者はワイナリーからの苦情を真剣に受け止め、いろいろ研究し始めた。マイクロウェーヴを使ったり、オゾンでの洗浄とか高温スティーム殺菌とか・・・・・・また設備投資に多額の金額をかけるようになった。そのおかげでコルクの品質はここ5年間ほどの間に飛躍的に向上した。しかし完全にTCAを排除できる技術が完成された訳ではない。
そして一方では代替品が現れだした。シンセティックコルク(プラスチックコルク、シリコンコルク)やスクリューキャップなどだ。シンセティックコルクにもスクリューキャップにも問題点はあるが、値段が安いのが魅力だ。どちらも1つ10セント(約11円)ほどだ。それにくらべナチュラルコルクの価格はミデアムレンジで30セント(約35円)、私の使用するコルクは約70セント(約80円)とかなり割高だ。一つ1ドルを超えるコルクを使ってるワイナリーもある。

使用前のコルクサンプル。どこかで見たことあるコルクが・・・・
f0007498_1045676.jpg

センサリーテストのために集められたコルクサンプルの一部
f0007498_10454731.jpg

よく「TCAって、なんですか?」とか「TCAは何の略ですか?」と聞かれることがある。
TCAについては説明が長くなるので次回に。
TCAは 2、4、6−トリクロロア二ソール(TriChloroAnisole)の省略。ブショネを引き起こすのはトリクロロアニソールだけでなく下記の3つの化学物質も影響している。

2、3、4、6−テトラクロロア二ソール
ペンタクロロア二ソール
2、4、6−トリブロモア二ソール

覚えてもワインが旨くなるわけでもないので覚える必要はないが・・・・・・・
ソムリエ試験にでるかも。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・無断転載はお断りします・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by kissouch | 2006-01-11 03:34 | corks
アメリカンフットボールもついにプレーオフに入った。土曜日にタンパベイ・バッカニアーズがワシントン・レッドスキンズと対戦した。タンパベイのヘッドコーチ、ジョン・グルーデンは若干42歳でエリートコーチと讃えられている。3年前にはバッカニアーズをスーパーボウルチャンピオンに導いた。タンパの前はレイダーズのヘッドコーチで、低迷していたレイダーズを2度プレーオフに導きオーナーのアル・デイヴィスを満足させた。そんな中、レイダーズファンから”チャッキー”の愛称を送られた。チャッキーとはあのホラー映画のチャッキーである。
f0007498_1428010.jpg

ジョン・グルーデンが怒ったときの顔がチャッキーに似ていたことから、一部のファンがチャッキーと呼び出した。その後タンパベイでもチャッキーの愛称で親しまれている。
f0007498_14282553.jpg


前評判ではバッカニアーズが大優勢だった。不安はチームの要、クオータバックが今年初スタートのクリス・シムズ、ラニングバックが1年目の”キャデラック”・ウイリアムスだ。試合が始まり、即、不安は現実のものとなった。1stクオーター中頃には、スキンズが14−0とリードした。クリス・シムズのインターセプションとキャデラックのファンブルが直接スキンズのタッチダウンにつながった。しかしそれ以降は、バックスが常に優位に試合を進めていた。が、なかなか同点に追いつけない。その焦りからか、グルーデンに2つのミスが出た。
4thクゥオーターの中頃、18ヤードライン、4thアンド1でフィールドゴールに行かずタッチダウンを狙いにいった。常道では1stダウンをとりにマイク・アルストットに中央突破させるべきであったが、シャベルパスで左に振った。スキンズはそれを読んでストップした。
そして次のミスは残り時間が3分となったところで、30ヤードライン、4thアンド10。前の3rdアンド10でタッチダウンパスをシェファードが落とした。グルーデンは全く同じプレーを選んだ。
これもスキンズの待ち構えるところ。見事に失敗した。結果は、スキンズが17−10で勝利をものにした。
誰もが「もしあのとき、・・・・・すればよかった。」と後悔するときがあるが、エリートコーチのグルーデンも同じようだ。
f0007498_14285672.jpg
f0007498_14292037.jpg

[PR]
by kissouch | 2006-01-08 10:41 | sports

不法移民労働者

カリフォルニアのワイン業界の底辺を支えているのはメキシコ系アメリカ人、あるいはメキシコ人である。彼らなくしてカリフォルニアワインは存在しない。実数はわからないが、その中には多数の不法滞在者がいると言われている。
ブッシュ大統領はテロ対策の一環として不法滞在者摘発の強化に乗り出すと言っていた。アメリカ国内にはおよそ1000万人の不法移民労働者がいると予想されるが、まず不法滞在者の実数をつかむために“あめと鞭の政策”を打ち出した。不法滞在者が名乗り出れば3〜4年の滞在許可を与え、最低限の社会保証をする。(移民局の摘発にビクビクしなくてもよい。)そのかわり許可期限が切れれば本国に帰らなければならない。ブッシュ大統領は、アメリカ国民にとっても不法滞在者にとっても良い政策だと自画自賛していた。
ワイナリー関係者はどちらかと言えばこの政策は歓迎だ。メキシコ人はアメリカ人より低賃金でよく働くからだ。しかしウオルマートなどで働く低所得者は猛反対だ。職を奪われる恐れがあるからだ。

vineyard workers from Mexico at Maboroshi Vineyard
f0007498_1241840.jpg
f0007498_125987.jpg


10年以上も前の事、私が初めて働いたワイナリーにペドロ・ゴンザレスというメキシコ人がいた。昼休みに労働ビザやグリーンカードが話題になったとき、私は書類提出の為に何度もアメリカ領事館へ通ったことや大使館でインタヴューを受けたときの苦労話をした。それを聞いた彼は笑いながら、
「俺はそんなヤバいとこに行ったことはない。サンディエゴでフェイク(偽の)ソーシャルセキュリティーカードを$50で買っただけだ。」と言い放った。そして彼は5枚のIDカードを見せてくれた。それぞれ違った名前のカードだが、彼はこれらを使い分けているようだった。(ということはペドロ・ゴンザレスが本名かどうかわからない。)
そういったフェイクIDが今でも通じるなら、ブッシュ大統領の妙案はただの愚案だが。さてどうだろう。
[PR]
by kissouch | 2006-01-05 08:32 | 余談

New Year's Flood in Sonoma/Napa

日本では「雪」に悩まされているそうだが、こちらソノマ、ナパでは「雨」だ。クリスマスから正月にかけてレインストームが襲った。ソノマではロッシアンリヴァー下流に位置するグアンヴィルが、ナパではナパリヴァー下流のナパシティーが大洪水に襲われた。ニュースで取り上げられているのは家屋の浸水だが、私たちが気になるのはヴィンヤードだ。幸い私のヴィンヤードは丘の上のヒルサイドなので水に浸かる心配はないが、土砂崩れがおきないようにヘイを撒いたり、側溝の掃除とかに気を配った。
f0007498_819658.jpg
f0007498_8192894.jpg
f0007498_8194764.jpg
ロシアンリヴァーの川沿いには素晴らしいピノノアールを生み出す畑がたくさんあるが、川のすぐ近くにある畑はほとんど冠水/水没している。ナパのヴァレーフロアーも同じような状態だ。水が早く引けば問題はないが、このままの状態が長引けばブドウの木の根が腐ってきたり、ウイルスやバクテリアがブドウの樹に侵入して病気を引き起こしたりする。
天気予報では今週で峠を越すといっていた、がどうだろう。
f0007498_8205727.jpg
f0007498_8213697.jpg
f0007498_822420.jpg
f0007498_8224342.jpg
f0007498_8231752.jpg
サンタローザからフォレストヴィルに抜ける道、グアンヴィルロードを通っていると突然目の前に大きな湖が現れた。デリンガーワイナリーから500メートルほど手前のところである。夏は小さなクリークでその周りは野菜畑に使われいるのだが、この雨のためにすっかり様相が変わった。しかし遊び心に長けてるアメリカ人、この大洪水を逆手に数人がカヤッキングを楽しんでいた。

・・・・・・・・・・・・・・無断転載はお断りします・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by kissouch | 2006-01-03 05:01 | ヴィンヤード/vineyard