カリフォルニアのソノマでワイン醸造に携わって早くも15年。「日本人醸造家の悪戦苦闘!」を綴ったワイン日記


by kissouch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

UCDavis の最新情報(4)への 質問

某ワイン愛好家からのemail。

emailは
「立派な形、色、艶のリンゴなどの果物には、間引きがとても重要である。
葡萄も間引きしないと立派な見栄えのよい房に育たないのでは?
そして、それが良いワインにつながるのでは? 」
と言う内容だ。


数年前の話。
レベッカと一緒に岡山の某ワイナリーを訪れたことがある。
そこでは醸造責任者の方からいろいろ話を聞き、お世話になった。
その帰り、岡山の新幹線の駅の近くのお土産屋さんで、
きれいな箱に入っている一房のマスカットが目に留まった。
粒も大きく、形もよく、とても見栄えのよいマスカットだ。
さすが岡山名産と感心した。

レベッカがそのマスカットを手に取りレジに持っていこうとする。

「おい、おい、ちょっと待てよ。それ買うつもり?」と聞くと、

「ちょっと高いけど。。。」といいながら買うつもりだ。

「ちょっと じゃなくて、かなり高いと思うけど。」と言うと、

「アメリカと比べと5ドル(約500円)は高いけど、こんな大きな葡萄の房を見たことないので。。。」と答えた。(当時、カリフォルニアでは葡萄5~6房入りのバッグが1~2ドル前後だったと思う。)

「もう一回0の数を数えたら。」

「Woww! GOーSENーEN! Unbeliebable!」と、マスカットを元に戻し、
記念に写真だけを撮って帰った。


粒間引きなどを最大限行って、
経費が沢山かかっているのだろうが、
私には葡萄一房に5000円払う余裕はない。

さて、食用葡萄の場合、味も大切だが大きさや見栄えが直接消費者の購買意欲につながる。
そのための間引きは重要だ。

しかし、ワイン用葡萄の場合は事情が違う。
大きな、形のよい葡萄をみて、
「いいワインができそうですね。」
と言う方が多いが、実際はソウでない。

小さい葡萄の粒、小さい葡萄の房ほどよいワインができる。(と、私は確信している。)
ワイン醸造には、外見は貧弱だが水分の少ない、よくコンセントレートされた葡萄がよい。

ヒルサイドのヴィンヤードと平地のヴィンヤードの違いがここにある。)


食用葡萄の間引きの主旨はワイン用葡萄のそれと異なる。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ





オリンピックスポンサー不買運動に参加中!


f0007498_458928.gif

[PR]
by kissouch | 2008-04-24 23:10 | wine link