カリフォルニアのソノマでワイン醸造に携わって早くも15年。「日本人醸造家の悪戦苦闘!」を綴ったワイン日記


by kissouch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

fog=地を這う雲

ルッシアンリヴァー地区の「fog=霧」は、日本でイメージする「霧」とは少々異なる。
「地を這う雲」と言った感じだろうか。

アラスカからの冷たい海流に乗ってきた空気が海上で濃い霧になる。
海上と陸地の温度差の関係で、一定の時刻になるとその霧が海岸沿いの低い地域から一気に流れ込む。「ルッシアンリヴァーを遡る霧」のことがよく雑誌に紹介されているが、ボデガハイウェイから侵入する霧のほうが遥かに壮大だ。

2年ほど前だろうか、津波がニューヨーク襲う映画をみたが、その光景を思い出させる。
この霧を見に来るだけでも、幻ヴィンヤードを訪れる価値はあると思う。(低地の畑では霧の動きがわからない)

写真:やっと晴れ間が見えたと思ったら、突然、畑の背後から「特大の霧」が襲ってきた。
この寒い時期にはあまり見れないのだが。。。

f0007498_1354199.jpg




にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
[PR]
by kissouch | 2008-01-11 01:35 | ヴィンヤード/vineyard