カリフォルニアのソノマでワイン醸造に携わって早くも15年。「日本人醸造家の悪戦苦闘!」を綴ったワイン日記


by kissouch
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Hose Guada Lupe Aguilera

サッカリングなどの畑仕事が忙しく、どうしても人手が必要な時 メキシコ人のホセ・グアダ・ルペ・アギレラ (通称ルペ)とその友人に応援を頼む。
ルペは10年ほど前にメキシコからこちらに住む親戚を頼ってソノマにやってきた。それ以来、ヴィンヤードの仕事ひとすじである。

「アメリカ人にくらべメキシコ人はよく働く。」 
というのは通説であるが、厳密に言うと 
「メキシコから来たメキシコ人はよく働く。」が正しい。
幼い頃来たメキシコ人やこちらで生まれ育ったメキシコ人はアメリカナイズされてそれほど熱心に働かない。私は多くの”怠け者”を見ている。

ルペはその”良く働くメキシコ人”であるが、彼は貯めたお金のほとんどをメキシコに残した3人の子供と奥さんに送っているらしい。メキシコに帰るお金を節約するため、もう5年ほどメキシコには帰っていない。
「子供や奥さんに会わないで寂しくないか?」と聞くと、
ルペ 「なれればそれほど寂しくない。」
「しかし、子供や奥さんは寂しいだろう?」
ルペ 「子供には沢山友達がいる。嫁さんにはボーイフレンドがいるので大丈夫。」
「4人目の子供はもうすぐ生まれるのか?」
と、冗談を飛ばしあい、陽気だ。
先日、サッカリングを手伝ってもらおうと連絡したが、連絡が取れない。
知り合いのホァンに尋ねると、ルペは入院しているとのこと。
足のかかとが痛くなり、検査をしてもらったところかかとに散弾銃の弾が5つ入っていた。
15年ほど前、狩猟に出かけ銃が暴発して自分のかかとを撃ってしまったらしい。3つの銃弾は取り除かれたが、2つは骨の中にくい込んでしまって取り除くことができない。日常生活には支障がないので、そのままにしておくそうだ。

さらに驚いたことがある。
ホァンがルペの銃の暴発を説明しているとき、ホァンは自分の車のトランクからライフル銃を取り出し、どのように暴発したか説明した。
いつも車に銃を積んでいるのかと聞くと、護身用に持っていると言っていた。

こちらでは銃が本当に身近であることを実感した。
何となくヴァージニア・テックの事件が納得できる。
[PR]
by kissouch | 2007-04-26 05:18 | ヴィンヤード/vineyard