カリフォルニアのソノマでワイン醸造に携わって早くも15年。「日本人醸造家の悪戦苦闘!」を綴ったワイン日記


by kissouch
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Suckering (You Sucker!!)

新芽が吹き出すとヴィンヤードでの仕事が忙しくなる。
「忙しい、忙しい。」と言ってると、
「この時期は何をするのですか?」とよく聞かれる。

新芽は、剪定した枝に出てくるのは歓迎だが、その他のところに出てくると取り除かなければならない。それらはサッカー(sucker)と呼ばれ、それら(歓迎されない芽)を取り除くことをサッカリング(suckering)と言う。日本語では、 副梢剪定 と言うらしい。(日本語になると難しそうな作業に聞こえるが)
普通ブドウの樹は、フィロキセラのの影響を最小限に食い止めるため接ぎ木をしている。この接ぎ木しているところは地表数センチメートルのところで、この接ぎ木しているところにサッカーが多数出てくる。これを取り除くためには、ブドウの樹一つ一つの前で膝をついて作業をするか、あるいは腰を深く曲げなければならない。
それでは、スケートボードのような物に座って移動をすれば良いではないか。(息子のルークの提案)
残念ながら、サッカーは樹の上部にも出てくる。また、剪定された枝にも”歓迎される芽”が同一箇所に2つ出てくるところもあり、片方を取り除いて、それを1つにしなければならない。
つまり、ブドウの樹1つの前で、座り込んで作業をし、また立っても作業しなければならない。その上私の畑の半分は急勾配なので、これは結構きつい仕事である。

1時間も立てば、思わず、
 You Sucker!! (馬鹿野郎!)
と叫びたくなる。
[PR]
by kissouch | 2007-04-25 05:17 | ヴィンヤード/vineyard