カリフォルニアのソノマでワイン醸造に携わって早くも15年。「日本人醸造家の悪戦苦闘!」を綴ったワイン日記


by kissouch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ML Completed, SO2 added 2

「ところで、普通、ワイン中にどれくらいSO2が含まれているのですか?」

「SO2と一概に言いましても2種類に大別され、フリーSO2とトータルSO2があります。雑誌とかで”ワイン中に含まれるSO2・・・・・”とある SO2 はトータルSO2のことです。ごく普通にワインを作っていますと、ボトリング時の最終トータルSO2はプレミアム赤ワインで60〜80ppmぐらいです。」

「赤ワインで80ppmということは、ワインのタイプによってSO2のレベルは変わるのですか?」

「安いジャグワインは沢山入っています。って言っても150ppm〜200ppmぐらいでしょうか。甘口のソーテルヌなどはトータルSO2が250〜300ppmになります。」

「デイケムとか、そんなに沢山入ってるのですか?」

「話が変わりますが、レーズンとかのドライフルーツを食べますか?」

「娘がアプリコットのドライフルーツが大好きです。」

「ドライフルーツを食べた後、娘さんが頭が痛い、って言ったことがありますか?」

「知らないです。」

「レーズン等のドライフルーツには、普通、1000〜3000ppmのSO2が添加されています。プレミアムワインの20倍以上ですね。レーズンを食べて頭が痛くなった、なんて聞きませんよね。」 笑

(わかりやすいように、先日の会話に少し脚色してます)
続 
[PR]
by kissouch | 2006-12-15 06:58 | ワイン醸造/vinification