カリフォルニアのソノマでワイン醸造に携わって早くも15年。「日本人醸造家の悪戦苦闘!」を綴ったワイン日記


by kissouch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

降水量との相関関係 2

「2006年は悪い年ですか?」 と質問をいただいた。
「降水量との相関関係 1」 が誤解を招いたようだ。これは一個人の見解なのであまり気にしないように。

2006年は、冬の記録的な雨にもかかわらず良い年です。(今のところ)

今年は開花から現在(8月28日)に至まで一滴の雨も降らず、順調な天候が続いている。7月に少しヒートウエーヴが来たがどの地区もダメージはなかった。
しかし、2つほど気にかかることがある。
ひとつは、ヒルサイドは問題ないが、ヴァレーフロアの畑のブドウの粒は昨年に比べ大きい気がする。水処理をうまくコントロールしてない畑は、ブドウが水ぶくれになるかもしれない。
もう一つは、8月の気候が涼しいので収穫時期が例年より遅くなるかもしれない。あまり遅れると、雨中のハーベストとなるかもしれない。
[PR]
by kissouch | 2006-08-29 06:24 | ヴィンヤード/vineyard