カリフォルニアのソノマでワイン醸造に携わって早くも15年。「日本人醸造家の悪戦苦闘!」を綴ったワイン日記


by kissouch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

New Year's Flood in Sonoma/Napa

日本では「雪」に悩まされているそうだが、こちらソノマ、ナパでは「雨」だ。クリスマスから正月にかけてレインストームが襲った。ソノマではロッシアンリヴァー下流に位置するグアンヴィルが、ナパではナパリヴァー下流のナパシティーが大洪水に襲われた。ニュースで取り上げられているのは家屋の浸水だが、私たちが気になるのはヴィンヤードだ。幸い私のヴィンヤードは丘の上のヒルサイドなので水に浸かる心配はないが、土砂崩れがおきないようにヘイを撒いたり、側溝の掃除とかに気を配った。
f0007498_819658.jpg
f0007498_8192894.jpg
f0007498_8194764.jpg
ロシアンリヴァーの川沿いには素晴らしいピノノアールを生み出す畑がたくさんあるが、川のすぐ近くにある畑はほとんど冠水/水没している。ナパのヴァレーフロアーも同じような状態だ。水が早く引けば問題はないが、このままの状態が長引けばブドウの木の根が腐ってきたり、ウイルスやバクテリアがブドウの樹に侵入して病気を引き起こしたりする。
天気予報では今週で峠を越すといっていた、がどうだろう。
f0007498_8205727.jpg
f0007498_8213697.jpg
f0007498_822420.jpg
f0007498_8224342.jpg
f0007498_8231752.jpg
サンタローザからフォレストヴィルに抜ける道、グアンヴィルロードを通っていると突然目の前に大きな湖が現れた。デリンガーワイナリーから500メートルほど手前のところである。夏は小さなクリークでその周りは野菜畑に使われいるのだが、この雨のためにすっかり様相が変わった。しかし遊び心に長けてるアメリカ人、この大洪水を逆手に数人がカヤッキングを楽しんでいた。

・・・・・・・・・・・・・・無断転載はお断りします・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by kissouch | 2006-01-03 05:01 | ヴィンヤード/vineyard