カリフォルニアのソノマでワイン醸造に携わって早くも15年。「日本人醸造家の悪戦苦闘!」を綴ったワイン日記


by kissouch
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Green rot   

先週のローカル新聞に、
「サンタローザの7月の平均気温は、過去50年で2番目の低温だ。」と書いてあった。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ














平均最高気温が22℃。
夜は10℃近くまで下がり、
朝は寒いので、車に乗るときはヒーターを入れなければならない。
日本の方々にしてみれば、
「なんと羨ましい!」
といわれそうだが、
ブドウ栽培している私たちには気がかりな天候だ。
ようやくBeraisonが始まった。
去年に比べ、10日間の遅れだ。

夜から朝方にかけての霧が湿気をもたらし、気温が上がらないのでミルデュー被害が多く出ていることは、すでに書いた。今度は、グリーン・ロットが出だしたと新聞に載っていた。

グリーン・ロット??

初めて聞いた言葉だが、ボトライティス(ボトリチス)のことだった。
まだグリーンの葡萄の房が腐り始めたので、グリーン・ロット。
(なるほど!)

私の畑は緯度が高く、風通しが良いので病気にかかるリスクは少ない。
しかし、平地の畑は空気の流れが少ないので、このような気候のときは病気にかかりやすい。

このグリーン・ロットも平地の畑で見られる。

今年はかなり、「チャレンジなヴィンテージ」になりそうだ。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
[PR]
by kissouch | 2010-08-10 05:41 | ヴィンヤード/vineyard