カリフォルニアのソノマでワイン醸造に携わって早くも15年。「日本人醸造家の悪戦苦闘!」を綴ったワイン日記


by kissouch
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

レセボア........

自然環境を考え、幻ヴィンヤードはズーっとオーガニックを実践している。
そして、去年からバイオダイナミックも取り入れている。

カリフォルニアの場合、他国の葡萄産地に比べると気象条件が良いので、サステーナブル、オーガニックといった環境に沿った栽培がやりやすい。しかし、実際に実践しているヴィンヤードと言えば1割にも満たない。
9割以上のヴィンヤードはまだ化学肥料を使っている。

化学肥料の多くは白いので、われわれの仲間内では「白い粉」と呼んでいる。
「白い粉」、つまり「麻薬」だ。
なぜなら、
化学肥料を使うと成長が早く、とても樹勢が強くなる。
今まで葡萄の樹を植えて初めて収穫ができるのには3年かかったが、最近の化学肥料を使うと2年目から収穫できると聞いてる。オーガニックで栽培するより、収穫量は多く、労働時間は短く、経費は安く、ビンヤードの見栄えはよい。
酒〇法子ではないが、ブドウ栽培農家にとってこの誘惑は絶ちがたい。

私の畑の葡萄の葉はすっかり落ちてしまったが、白い粉を使う畑の中には、11月と言うのにまだ緑々している畑を見る。
(薬の注ち過ぎというところか。。。二期作できそうだ。)

化学肥料は噴霧することもあるが、収穫後畑に撒く。
白い粉が畑一面に撒かれたのを見たことがある人もいるだろう。

では、葡萄の樹はどうするだろう。
もちろんその”白い粉”を欲しがる。
そのため、葡萄の樹の根は地表すれすれに横に伸びていく。
(普通、地中深く下に伸びるのだが)

カリフォルニアでは5月から10月までほとんど雨が降らず、よい天気が続く。
根が下に伸びず横に伸びた葡萄の樹は、少し暑い日が続くとヘタル。
地中に根が伸びてないので、地中から自身で水が補給できないからだ。
そのためイリゲーションで水を与えなければならない。

北カリフォルニアでは、2006年は雨が多かったが、それ以降過去3年間水不足で取水制限されている。
葡萄栽培農家にとって水不足は深刻だ。

アル葡萄栽培農家が大枚をはたいてレセボア(溜め池)を建造した。
バイナル(厚いビニールシート)は建設費の半分。
f0007498_7302664.jpg
f0007498_7304365.jpg
f0007498_731382.jpg


雨水を溜めるといってるが、それだけでは満杯にするのは不可能だろう。
近くの小川から水をポンプでくみ上げるのだろうか?

化学肥料は環境破壊も為す、といえばちょっと極端か???

続くにほんブログ村 酒ブログ ワインへ
[PR]
by kissouch | 2009-11-18 06:39 | ヴィンヤード/vineyard